きっとここから

ジャニーズJr.内のグループTravis Japanに所属する川島如恵留くんを応援している人のブログです

羨ましすぎて、春

Jr.祭り横アリ公演行って来ました。

 

わたしはえび座ぶりのTravis Japanで、うちわを持てるコンサートは新春の滝翼ぶりで、純粋に楽しみだった。

なんの曲やってくれるのかなあとか、衣装なんだろうなあとか。

他のグループと一緒に歌ってくれるかなあとか、花道あるならたくさんバク転してくれるかなあとか。(笑)

 

こっから先永遠と文句です。

 

でも金曜日入っての感想は一言で言えば羨ましかった。

もちろん楽しかったけどでもなにより羨ましかったし悔しかった。

他のグループのパフォーマンスが、オリジナル曲が、オリジナル衣装が、振り付けが、煽りが全部羨ましかった。

安井くんみたいに「未来に連れて行ってやるよ」とか樹くんみたいに「お前らは絶対裏切らないから」とかそんなことを言ったり歌ったりしてるのが全部が羨ましくて羨ましくてずーっと羨ましかった。

 

Love-tuneとのコーナーも初日は納得できなくて、なんでらぶメインで5人はおまけみたいな扱いなのって思ってた。でもそりゃあそうだよね、だって横浜アリーナ日生劇場とおんなじようなことするんだもん、メインはできないや。そう思っちゃったよ。

あれが彼らなりにあのメンバーでコンサートやるにあたって埋もれないパフォーマンスだと思ってやってるのかもしれない。それに雑誌のインタビューで閑也くんが「俺らはキャーって言ってもらうパフォーマンスより、みんなが見入るようなパフォーマンスしたい」って言っていた。それが今のTravis Japanのどのグループにも負けないところなのかもしれない。でも彼らもJr.だけど、アイドルな訳であって、わたしはキャーって言いたい。俺らが MU-CHU-DE 恋してる歌ってもキャラクターが出ないとか思ってるのかもしれない。でもコンサートじゃん!PLAYZONEじゃないじゃんえび座じゃないじゃん!!!!!!キャーって言ってかわいい〜って言ってペンライト持って踊りたいじゃん。なんかそこも悔しくて他のグループが羨ましくて。

今回のMCは土曜の朝公演から下の名前を呼ぶ形式になって、そんときにはと思ったんだけど、彼らが魅せるパフォーマンスをするようになったのはわたしたちも原因なんだろうって。今までキャーっていうことも多くなくてそうゆう曲やってくれても反応できなかったわたしたちも悪いのかなあって。そうゆう曲をやったときにかっこいいねかわいいねすごいねキャーって言ってあげられればもっとそうゆう曲をやってくれるようになったのかもしれない。そう思うとごめんねとしか言えない。

 

全部の曲ゴリゴリに踊るとつまらないから、と思って山手線入れてくれたのかもしれないけど、そう思うとなんか楽しめなかった。夏にやったワイハとかcha-cha-cha チャンピオンとか歌ってるアイドルなところを見たかったんだよわたしは。

 

もちろん他のグループの人たちから「ダンスすごいね!」とか言ってもらえたけど、ダンスなんてみんな踊れるじゃん。ダンスが揃ってるのがすごいって最近言ってもらえるようになって、って最近よく雑誌で言ってるけど、それも受け入れられなくなってきた。個性をなくしてまで揃える必要とは、みたいな。揃ってるダンスは綺麗だし見応えもある。でもそれは舞台の話であってコンサートは会場だって広いし、今回みたいな色んな子が出るコンサートだと彼らのことをあまりみたことない人だっているはず。それなら個々も売っていく必要があるんじゃないのって。個々の前にグループ知ってもらわなきゃだろって言われたら何にも言えませんが。

 

もうわたしはTravis Japanを、自担を応援できるほどの元気も気力もない。だって今の彼ら見てたってプラスの感情湧かないんだもん。楽しくない悲しいしんどい苦しい。

 

こうゆうときに人は担降りするのかなあって思いました。